Roots of Japan

広島

瀬戸内海に面している広島県。1945年8月6日に原子爆弾が投下された悲しい過去を持つ場所でもあります。現在でも悲しい歴史を伝えるスポットも残っています。その他、宮島や尾道など多くの観光客を集めるエリアも。そんな広島県には、新幹線の他、広島空港があるため空からのアクセスも可能です。さまざまな魅力を持ち合わせている広島県について、ご案内していきます。

広島県の面積は約8,479㎢で、人口は約282万人。広島県は工業や商業が盛んでありながら、海や山の自然にも恵まれているエリアのため、農業や漁業も盛んに行なわれています。そのため、日本国の縮図とも言われているほど。広島県の北部は日本海側気候、その他の地域は瀬戸内海式気候です。夏になると沿岸部や内陸の盆地では、猛暑日になることが多くなります。冬は、北部の中国山地では降雪量が多くなり、備後地域の沿岸部では晴天が多い。広島県は地域により気候が変わるため、足を運ぶエリアごとに天気を確認しておくといいかもしれませんね。

では、広島県にはどのような観光スポットがあるのかみていきます。戦争の歴史を伝える場所から、小さな子どもが楽しめるスポットまでたくさんあります。ちなみに、宮島に関しては次で紹介しますので、ここでは外させていただきます。
①広島平和記念公園
②原爆ドーム
③ガラスの里
④広島城
⑤呉市海事歴史科学館
⑥大久野島
⑦三景園
⑧福山城
⑨瀬戸田サンセットビーチ
⑩神楽門前湯治村

広島県を訪れたら、広島平和記念公や原爆ドームなどに足を運びたいところ。戦争や原爆の悲しい歴史を知っておくことは、とても大切なことでしょう。目をそむけたくなることもあるかもしれませんが、繰り返してはいけない歴史をぜひ自分の目で確かめておきましょう。また、安芸高田市にある神楽門前湯治村についても紹介します。神楽門前湯治村に足を踏み入れると、そこはまるでタイムスリップをしたかのような懐かしい風景が広がります。天然温泉を満喫できるうえ、食事処や茶店、湯治宿が軒を連ねます。のんびり温泉を堪能するもよし、懐かしい風景の中、街歩きを楽しむのもよしのスポットですよ。

では、ここから広島県に訪れたらぜひアクセスしたい宮島の観光スポットに焦点を当てて紹介していきます。宮島と言えば、厳島神社の大鳥居を思い浮かべる方が多いかもしれません。ですが、それだけではないのが宮島です。ぜひ観光スポットをチェックして、気になるスポットに足を運んでみてください。
①厳島神社
②豊國神社
③宮島水族館
④大願寺
⑤清盛神社
⑥宮島歴史民俗資料館
⑦大元公園
⑧宮島包ケ浦自然公園
⑨宮島表参道商店街
⑩宮島ロープウェイ

宮島と聞くと、厳島神社ばかりを思い浮かべてしまいますが、実はたくさん観光スポットが存在しています。特に子どもと一緒に宮島へ出かける方には、宮島水族館がおすすめ。ふれあい広場ではペンギンと触れ合うことも。アシカのショーの開催もありますし、とっても可愛くて人気のカワウソも必見です。また、厳島神社を深く信仰していた平清盛を祭神とする神社が清盛神社です。平清盛の命日である3月20日には清盛神社祭の開催もあります。この日を狙って宮島に足を運ぶのもいいかもしれませんね。スポットでは紹介していませんが、宮島にある遊覧船に乗船すれば、海の上からの厳島神社や大鳥居の景色を楽しむことも。遊覧船は夜の運行もあるため、ライトアップされた神秘的な大鳥居を見ることもできますよ。

ここからは広島県にある桜の名所と紅葉の名所をご紹介していきます。まずは桜の名所を5か所に厳選してご紹介しますので、要チェック!
①比治山公園
②広島市植物公園
③造幣局広島支局 花のまわりみち
④千光寺公園
⑤筆影山

5か所に厳選しましたが、広島県には見事な桜が見られるスポットがこれらの他にも数多くあります。紹介した千光寺公園は、「さくらの名所100選」にも選ばれている場所。約1,500本もの桜が咲き誇り、瀬戸内海との共演を楽しませてくれます。また、造幣局広島支局の一部を4月の中旬頃に一般開放する花のまわりみちも人気。夜にはライトアップされる桜の姿を見ることができるので、デートにもおすすめですよ。

続いて広島県の紅葉の名所も5か所に厳選してご紹介します。例年10月下旬頃から色づき始め、11月に見ごろを迎えるスポットが多いです。
①佛通寺
②紅葉谷公園
③三景園
④三段峡
⑤ひろしま遊学の森 広島県緑化センター

宮島にある紅葉谷公園は、その名前の通り見事な紅葉が楽しめると人気のスポットです。公園にある紅葉橋と紅葉の共演は見事で、美しい景色を写真に残そうと多くの観光客がカメラを構える場所でもあります。

ここまでは観光スポットに注目して、広島の魅力をお伝えしてきましたが、ここからは広島の「食」を紹介していきます。広島には美味しいものがたくさんあります。広島風お好み焼きはもちろんですが、宮島の牡蠣やあなごも外せないところ。
①広島風お好み焼き
②あなご飯
③牡蠣の土手鍋
④岩国寿司
⑤尾道ラーメン

通常のお好み焼きと広島風お好み焼きの違いは何かご存知ですか?広島風お好み焼きは、焼きそばと薄く焼いた卵が入っているのが特徴。別で焼かれた焼きそばが入っているため、食べ応えもありますよ。また、紹介した岩国寿司とは、岩国で採れた野菜やレンコン、魚を入れて保存食にするために寿司にしたもの。お祭りなどで食べられることも多い料理です。ぜひ広島県と訪れた際には、気になる郷土料理をご賞味ください。

広島県のお土産にもぴったりなお菓子もご紹介します。定番のものから、ちょっと変わったお菓子までさまざま。もちろん自分用に購入するのもおすすめのものばかりです。
①もみじ饅頭
②生もみじ
③はっさくゼリー
④川通り餅
⑤牡蠣せんべい

宮島のお土産の定番といえば、やっぱりもみじ饅頭です。色々な味があるので、お気に入りの味のもみじ饅頭を見つけてください。また、もみじ饅頭はカステラ生地で作られていますが、生もみじはもち粉と米粉で作られており、食感が楽しめます。もみじ饅頭と生もみじの食べ比べも楽しそうですね。

広島県の魅力をお伝えしてきました。悲しい歴史を持っている広島ではありますが、その歴史を学べるスポットから、景色を楽しめるスポット、または子どもと一緒に足を運びたいスポットまで目白押しでした。観光とあわせて、広島県ならではの料理も楽しんでください。

筆者の考えやまとめとなります。諸説ありますのでご了承下さい。