Roots of Japan

宮城

日本三景である松島があるため、景色を堪能しに足を運ぶ観光客が多い宮城県。さらに、牡蠣や牛タンなど食を楽しめるのも魅力です。新幹線の運行もあるうえ、仙台空港があることから空からのアクセスも可能。東京周辺からは高速バスの運行もあるため、費用を抑えてアクセスすることもできます。そんな宮城県の魅力をお伝えしていきますよ。

宮城県の面積は、約7,282㎢、人口は約231万人。これは東北地方の中で最も多い人口となっています。また、高校卒業から大学院の年代の人口比率が高いことも特徴。宮城県には東北大学などの大学や専門学校が充実していることが関係しているのです。また、太平洋側気候に分類される宮城県は、東北地方の中では積雪が少ないことでも知られています。ですが、西部山間部は日本海側気候の特徴を表し、豪雪となるためご注意を。ちなみに、夏季は残暑が少なく過ごしやすいと言えます。

宮城県というと、仙台市が有名です。宮城県民の約47%が仙台市に住んでいるうえ、仙台藩の歴史が長いことから、宮城よりも仙台の方が聞き馴染みがあるかもしれません。そこで、宮城県仙台市にある観光スポットに焦点を当てて紹介していきます。
①仙台城跡
②仙台市天文台
③仙台うみの杜水族館
④仙台万華鏡美術館
⑤仙台アンパンマンこどもミュージアム&モール
⑥せんだいメディアテーク
⑦仙台市八木山動物公園
⑧秋保大滝
⑨榴岡天満宮
⑩曹洞宗金剛宝山輪王寺

厳選して10か所ご紹介しましたが、もちろんそれ以外にも観光スポットが充実している仙台市。小さい子供連れのファミリーで観光するなら、仙台アンパンマンこどもミュージアム&モールは外せません。ここを目当てに県外からも多くの観光客が仙台市に足を運んでいます。また、万華鏡の美しい世界観に浸れる仙台万華鏡美術館も人気。ここでは万華鏡の手作り体験も可能です。子供から大人まで楽しめる手作り体験は、世界にひとつだけのオリジナルの万華鏡を作れるため、形に残る思い出を作ることができますよ。

仙台市に注目して観光スポットを紹介してきましたが、仙台市以外の観光スポットも見て行きましょう。日本三景のひとつである松島をはじめ、まだまだ魅力が詰まったスポットが豊富にありますよ。
①松島
②蔵王山・御釜
③蔵王ハートランド
④宮城蔵王キツネ村
⑤田代島
⑥鳴子峡
⑦巨釜・半造
⑧国営みちのく杜の湖畔公園
⑨金華山
⑩大理石海岸

仙台市以外では、自然を満喫する観光スポットが目立ちます。国営みちのく杜の湖畔公園では、季節によって様々な花が咲き誇る姿を見ることができます。春にはチューリップやパンジー、夏になるとマリーゴールドやサルビアが咲く姿を楽しめますよ。季節を変えれば違った表情をみせてくれる公園なので、何度訪れても違った楽しみ方ができる点も魅力のひとつ。キャンプ場もあるので、アウトドアを楽しみたい方にもおすすめです。

宮城県で桜を楽しめるスポットも紹介いたします。春に宮城県を訪れる予定の方は、これから紹介するスポットを観光プランに加えてみませんか?4月中はもちろんですが、一部では例年5月上旬頃まで桜が楽しめる場所もありますよ。
①榴岡公園
②日和山公園
③牡鹿半島金華山
④船岡城址公園
⑤西行戻しの松公園

「さくら名所100選」に宮城県で唯一選定されているのが、船岡城址公園です。1,300本以上の桜が出迎えてくれる公園には、県内だけでなく県外からも多くの見物客が訪れます。さらに桜のトンネルを通るスロープカーの運行も。スロープカーに乗れば、山頂まで楽々行くことも可能。ぜひ春に宮城県を訪れる方は、美しく咲く桜も堪能しましょう。

宮城県の観光スポットや桜の名所を紹介してきましたが、宮城県には大盛り上がりをみせる祭りもあります。祭りの日程に合わせて宮城県を訪れるのも面白いかもしれませんね。宮城県で開催される祭りの一部も見てみましょう。
①仙台七夕まつり
②松島かき祭り
③佐沼夏祭り
④全国こけし祭り
⑤気仙沼みなとまつり

宮城県で開催される祭りは、夏だけではありません。例えば、日本三景の松島で開催されるかき祭り。毎年2月初旬の日曜日に開催されており、松島でとれる牡蠣を思う存分堪能することができます。焼き牡蠣、カキフライ、牡蠣汁、牡蠣飯など牡蠣好きにはたまらないものばかり。お腹を空かせて足を運んでくださいね。また、宮城県で有名なお祭りといえば、仙台七夕まつりもはずせません。七夕飾りで彩られる街の散策を楽しみましょう。

宮城県は、米の産地としても有名です。「ひとめぼれ」や「ササニシキ」など聞いたことがあるのではないでしょうか。美味しいお米とともに、郷土料理も味わいたいですね。
①笹かまぼこ
②はっと汁
③ずんだ餅
④牛タンカレー
⑤石巻焼きそば

宮城県と言えば、牡蠣や牛タンが有名どころ。もちろん牡蠣や牛タンも堪能したいですね。そして紹介した中で聞きなれない料理がはっと汁ではないでしょうか。はっと汁とは、小麦粉を練ってすくった生地を薄くのばしたものを醤油仕立ての汁で茹でたもの。もちろんこの他にも野菜が入りますよ。とっても優しい味がする家庭料理。食感も楽しめるので、ご賞味ください。さらに、宮城県には数多くの港があるため、新鮮な魚介類をいただけるのも魅力ですよ。

宮城県で食べたい郷土料理と被るところもありますが、宮城県のお土産として人気のものも紹介します。家族や友人へのお土産にももちろんですが、自分用にも購入したくなるものばかりです。
①牛タン
②ずんだ餅
③笹かまぼこ
④ゆべし
⑤蔵王チーズ

お土産というとお菓子を思い浮かべるかもしれませんが、牛タンや笹かまぼこも喜ばれるお土産品です。笹かまぼこはおやつとしてもおつまみとしても活躍してくれるので、万能なお土産です。また、焼くだけで仙台名物である牛タンをいただける商品も豊富。食べ応えもあるので、家族へのお土産にもいいかもしれませんね。

宮城県にはどの季節に足を運ぼうか迷ってしまうほど、観光スポットや祭りが充実しています。1度だけでなく季節を変えて何度も訪れたい場所でもありますね。その際には、宮城県の郷土料理もぜひいただいてください。牛タンや笹かまぼこ、ずんだ餅などはお土産に購入することも可能なので、お気に入りが見つかったら買って帰りましょう。

筆者の考えやまとめとなります。諸説ありますのでご了承下さい。