Roots of Japan

奈良

奈良県は、学生時代に修学旅行で訪れたことがあるという方が多いかもしれません。有名な奈良の大仏をはじめ、多くの寺や神社があり、季節を問わずに観光客が集まるエリアです。そんな奈良県には、空港がありません。そのため、空からアクセスするためには、関西国際空港、もしくは伊丹空港を利用することになります。鉄道の場合も、京都駅や新大阪駅まで新幹線でアクセスして奈良へと足を運ぶルートが一般的。では、ここからは奈良県の魅力的な観光スポットなどをご紹介しますので、ご覧ください。

奈良県の面積は約3,690㎢で、人口は約134万人。気候な内陸性気候で、1年を通しても、1日を通しても気温の較差が大きいことで知られています。降水量は年間を通してみても少なく、盆地では雪が降る日もそう多くはありません。ですが、五條、吉野、宇陀地域では、積雪もあるため、スキー場の営業があるほど。この地域では、雪が交通に影響を与えることもあります。そして、内陸部のため、台風の影響を受けることは稀です。

では、奈良県の観光スポットを紹介していきます。修学旅行で訪れた人も多いであろう奈良県には、世界遺産をはじめ、多くの人を魅力する観光スポットが豊富にあります。その中から厳選して10か所ご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。
①東大寺
②春日大社
③興福寺
④法隆寺
⑤奈良公園
⑥依水園
⑦平城宮跡
⑧奈良県立万葉文化館
⑨御手洗渓谷
⑩谷瀬の吊り橋

見て分かる通り、人気の観光スポットには、多くのお寺が含まれています。聞いたことがある、または修学旅行などで訪れたことがある観光スポットもあったのではないでしょうか。その中でも、東大寺は多くの修学旅行生が足を運ぶスポット。あの有名な奈良の大仏があるのは東大寺です。そして、東大寺や興福寺などがある場所が奈良公園。人を怖がらずに近づいてくる鹿がたくさんいることで有名な公園です。そして、奈良県のちょっと変わった観光スポットのひとつが、谷瀬の吊り橋。観光中にスリルを味わいたい方におすすめの場所です。というのも、高さ54mの位置に架けられた300mほどの吊り橋は、人2人分が歩くだけのスペースが確保された橋。渡っている途中に足がすくんでしまいそうです。奈良県でお寺巡りではない観光をしたいという方は、ぜひ足を運んでみてください。

奈良県の魅力的な観光スポットを紹介しましたが、実は古墳が数多く残っているのをご存知でしょうか?古墳時代、飛鳥時代、奈良時代には、奈良県に中央政府がおかれていた関係で、多くの古墳が作られたのです。そして、奈良県の古墳は、いい状態で残っているのも特徴。そこで、奈良県にある古墳もご紹介してみましょう。
①藤ノ木古墳
②石舞台古墳
③キトラ古墳
④高松塚古墳
⑤箸墓古墳

ここでは5か所の古墳を紹介しましたが、もっとたくさんの古墳が存在しています。そのため、奈良県では古墳を巡る観光をする人も多くいるのです。藤ノ木古墳は、珍しい出土品が多くでたことで話題にもなりました。6世紀頃に作られた古墳と伝わりますが、被葬者が誰なのかはっきりとわかっていません。また、日本最大級の横穴式石室を誇る石舞台古墳は、巨石が平らに積まれた古墳です。その美しさを見ようと多くの観光客が足を運びます。さらに、石舞台古墳は桜の名所としても知られているうえ、夜になるとライトアップされるので、春に奈良を訪れる予定の方は、夜に石舞台古墳に足を運んでみてはいかがでしょうか。

では、奈良県の観光スポットを紹介していきます。修学旅行で訪れた人も多いであろう奈良県には、世界遺産をはじめ、多くの人を魅力する観光スポットが豊富にあります。その中から厳選して10か所ご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。
①東大寺
②春日大社
③興福寺
④法隆寺
⑤奈良公園
⑥依水園
⑦平城宮跡
⑧奈良県立万葉文化館
⑨御手洗渓谷
⑩谷瀬の吊り橋

見て分かる通り、人気の観光スポットには、多くのお寺が含まれています。聞いたことがある、または修学旅行などで訪れたことがある観光スポットもあったのではないでしょうか。その中でも、東大寺は多くの修学旅行生が足を運ぶスポット。あの有名な奈良の大仏があるのは東大寺です。そして、東大寺や興福寺などがある場所が奈良公園。人を怖がらずに近づいてくる鹿がたくさんいることで有名な公園です。そして、奈良県のちょっと変わった観光スポットのひとつが、谷瀬の吊り橋。観光中にスリルを味わいたい方におすすめの場所です。というのも、高さ54mの位置に架けられた300mほどの吊り橋は、人2人分が歩くだけのスペースが確保された橋。渡っている途中に足がすくんでしまいそうです。奈良県でお寺巡りではない観光をしたいという方は、ぜひ足を運んでみてください。

奈良県の魅力的な観光スポットを紹介しましたが、実は古墳が数多く残っているのをご存知でしょうか?古墳時代、飛鳥時代、奈良時代には、奈良県に中央政府がおかれていた関係で、多くの古墳が作られたのです。そして、奈良県の古墳は、いい状態で残っているのも特徴。そこで、奈良県にある古墳もご紹介してみましょう。
①藤ノ木古墳
②石舞台古墳
③キトラ古墳
④高松塚古墳
⑤箸墓古墳

ここでは5か所の古墳を紹介しましたが、もっとたくさんの古墳が存在しています。そのため、奈良県では古墳を巡る観光をする人も多くいるのです。藤ノ木古墳は、珍しい出土品が多くでたことで話題にもなりました。6世紀頃に作られた古墳と伝わりますが、被葬者が誰なのかはっきりとわかっていません。また、日本最大級の横穴式石室を誇る石舞台古墳は、巨石が平らに積まれた古墳です。その美しさを見ようと多くの観光客が足を運びます。さらに、石舞台古墳は桜の名所としても知られているうえ、夜になるとライトアップされるので、春に奈良を訪れる予定の方は、夜に石舞台古墳に足を運んでみてはいかがでしょうか。

最後に、奈良県の郷土料理についてもご紹介していきます。世界遺産がひしめき合う奈良県では、観光に集中してしまいそうですが、郷土料理も堪能したいところ。ぜひ観光の合間や、宿泊施設などでいただきましょう。
①柚べし
②しし鍋
③にゅうめん
④黒米カレー
⑤万葉おやき

素麺を温かい出汁でいただくにゅうめんは、身近な食べ物かもしれません。そのにゅうめんは、奈良県の三輪山麓が発祥の地。いつも食べているものと奈良県の郷土料理であるにゅうめんに違いはあるかどうか、実際に食べて確かめてみるのも面白いかもしれませんね。また、小麦粉とそば粉をブレンドした生地で作り上げる万葉おやきには、旬の様々な野菜が入っており、食感も楽しめる一品。お土産に購入して帰るのもおすすめです。

世界遺産や史跡が多く残る奈良県の観光スポット、桜や紅葉の名所、さらには、郷土料理をご紹介してきました。足を運びたいスポットは見つかりましたでしょうか。季節によって違った景色を楽しめるのが魅力のスポットも豊富なので、1度とは言わず、季節を変えて何度も足を運んでみてください。

筆者の考えやまとめとなります。諸説ありますのでご了承下さい。