Roots of Japan

大阪

ニューヨーク・タイムズ紙の「2017年に訪れるべき52の場所」では15番目に「食を楽しむ街」と紹介された大阪。食や芸能など文化が独自で発展し、大阪弁と呼ばれる”方言”が人気で、陽気な人が多い傾向にある…たくさんの魅力あふれる街。

そんな大阪を今回はご紹介したいと思います。

日本では東京に次ぐ第二の都市であり、西日本の行政・経済・文化・交通の中心です。人口は約880万人、日本第3位で、面積は約1,905㎢となっています。中でも大阪市は広大な港湾都市で商業の中心地として賑わいを見せており、2018年には「最も住みやすい都市」ランキングで1位ウィーン、2位メルボルンに次いで3位という評価を受けました。

大阪市に日本で最も高いビル”あべのハルカス”など近代的な建築や、繁華街などもある反面、歴史的にも価値のある建物や遺跡も多く、大阪市にある四天王寺は奈良県にある飛鳥寺と並び日本最古の仏教寺院といわれています。他にも堺市には百舌鳥、羽曳野市には古市古墳群の2ヵ所があり、特に百舌鳥古墳群は日本最大の古墳”大仙陵古墳”を有しています。

また大阪の象徴ともいえる大坂城は1583年から1598年にかけて日本初の天下統一を果たした豊臣 秀吉が築城しましたが、落雷や戦火による焼失や損傷を幾度となく繰り返し、そのたびに復元や修繕をしていました。その後も耐震補強やエレベーターの取り付け、外壁の塗り替えなどをしており、現在見られる5層目の塗装はより豊臣時代に近いデザインに改められているそうです。春には桜、秋には紅葉が大阪状を美しく彩っていて、より多くの人を惹きつけています。

他にも桜と紅葉の名所といえば、万博記念公園が知られており約5,500本もの桜が。秋には公園内にある日本庭園と自然文化園を合わせて約1万本の樹木が鮮やかに色づきます。季節に合わせてイベントも開催しておりますので、こちらも要チェックですよ!

それでは他の観光スポットはどんなところがあるでしょうか?10ヵ所ほど厳選してみました!
①四天王寺       ②ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
③海遊館        ④なんば(道頓堀・心斎橋・黒門市場)
⑤大阪くらしの今昔館  ⑥梅田スカイビル
⑦日本橋        ⑧新世界・通天閣
⑨住吉大社       ⑩天保山観覧車

大阪くらしの今昔館では1回500円で30分間、着物を着て江戸時代(1603 - 1868)の町並みを散策することも出来るのです。ただし、1日先着300名限定なのでご注意下さい!(団体様不可)他にも、自作のカップラーメンが作れてしまう”インスタントラーメン発明記念館”や、”アメリカCNN局の「世界で最も美しい空中庭園10選」に選ばれた”パークスガーデン”、「世界で最も美しい時計12選」に選ばれたJR大阪駅にある”水の時計”もオススメです。近くを通る際は是非立ち寄ってみてくださいね!

また、大阪発祥のユネスコの無形文化遺産にも登録された日本の伝統芸能”人形浄瑠璃文楽”の公演はいかがでしょうか?太夫・三味線・人形遣いの三業(さんぎょう)と呼ばれる3つの役割で演じられており、三味線の中、太夫が浄瑠璃(単なる歌ではなく、三味線を伴奏楽器として、劇中人物のセリフ、仕草、演技の描写などを含む)を語り、それに合わせて人形遣いが人形を操るのです。大阪市にある国立文楽劇場ではイヤホンガイド(日本語・英語)が300円の貸し出しも行っておりますので初めての方でも楽しめますよ!人形が着用している着物などにも注目してみて下さいね。

他にも庶民の娯楽として上方落語、漫才、吉本新喜劇・松竹新喜劇などの”お笑い文化”が栄えました。これは大阪が商業の街であり、お互いが角の立たないように円滑で穏和なコミュニケーションをとろうとしたことで話術も発達し、大阪で”お笑い文化”が花開いたのではないか、といわれています。

そして大阪と言えば「美味しいものが食べたい!!」と訪れる方も多いのではないでしょうか?江戸時代(1603 - 1868)から「天下の台所」と呼ばれ、全国の経済・商業の一大中心地として色々なものが集まったことで多くの食文化を生まれました。そして“食い倒れの街”と呼ばれるようになったのです。これは「大阪の人は食事に贅沢をして財産を費やしてしまう」という意味。それほどまでに食にこだわりのある大阪の人が育てた大阪の食文化…美味しいものがたくさんあるのも納得できますよね!
では大阪のおすすめグルメをご紹介します。

①お好み焼き   ②たこ焼き 
③串カツ     ④てっさ/てっちり
⑤イカ焼き    ⑥どて焼き
⑦ちりとり鍋   ⑧すき焼き
⑨大阪寿司(押し寿司)

①~③は食べたことがある人も多いのではないでしょうか?④~⑧は郷土料理になので是非、こちらもご賞味下さい!
他にも鶴橋周辺は焼肉激戦区で、駅に降り立つと美味しそうな匂いが鼻孔をくすぐります。大阪は食べ歩きもオススメなので色々なお店をハシゴするのも楽しいですよ!いっぱい食べて…みんなで食い倒れましょう!

満腹になったら食後にデザートやお菓子…なんていかがでしょう?アメリカ村にはロングソフトクリームや大きな綿菓子などがあり、ついつい写真を撮ってしまいます。もちろん味も美味しいので人気があるのも納得です!また江戸時代から続く、大阪の人に愛されている銘菓「けし餅」、こしあんを餅の皮で包み、けしの実をまぶしているそうです。賞味期限は製造後常温で5日間は持つのでお土産にもおすすめ。他にも大阪らしいユーモアたっぷりお菓子や雑貨がたくさんあるので色々見てみて下さいね!

歴史に触れて、いっぱい遊んだら大阪の美味しいものを食べて食い倒れてみてはいかがでしょう?食を楽しむだけじゃない街、大阪。来たことがない人は是非一度、来たことがある人はもう一度!そして大阪の虜になってしまうのです。

筆者の考えやまとめとなります。諸説ありますのでご了承下さい。