Roots of Japan

栃木

観光地、リゾート地として季節を問わず多くの観光客を集める栃木県。空港はないため、空からのアクセスはできませんが、新幹線を利用すれば宇都宮まで楽々アクセスできます。さらに、特急列車や高速バスの利用も可能なので、東京からであれば、日帰りで観光に出かける方も多いかもしれません。そんな栃木県の豊富な観光スポットをご紹介していきますので、ご覧ください。

栃木県の面積は約6,408㎢で、人口は約195万人。太平洋側気候に属し、平地部の冬は乾燥、夏は雷が多いことで知られています。栃木県の全エリアで、夏季多雨多湿、冬季少雨乾燥なのが特徴。年間降水量は、平地部では1,200mmと少ないですが、奥日光などの山間部では2,000mmを超す雨が降ります。また、北西部山岳部は豪雪地帯のため、人口が少なく、多くの栃木県民は平野部に住んでいます。

栃木県といえば、日光や鬼怒川、那須高原など観光エリアが充実していることでも知られています。栃木県の観光エリアを訪れたことがあるという方は、多いことでしょう。自然スポットも充実していますし、小さい子供連れでも楽しめるスポットが多いことでも知られています。では、栃木県を訪れた際に足を運びたい観光スポットを厳選してご紹介いたします。日光市と那須町周辺に観光スポットが集中しているため、これらのエリアの観光スポットは次で紹介します。

①宇都宮動物園
②宇都宮二荒山神社
③大谷資料館
④なかがわ水遊園
⑤あしかがフラワーパーク
⑥足利学校跡
⑦佐野厄除け大師
⑧唐沢山城跡
⑨万葉自然公園かたくりの里
⑩おもちゃのまちバンダイミュージアム

人気のエリアの日光と那須を外しても、こんなにも魅力ある観光スポットがありました。大谷石の採掘場跡を公開し、様々な資料の展示をしているのが大谷資料館。地下に広がる巨大な空間は、映画の撮影やコンサートで使用されることも多い場所。不思議な空間を体感しに、ぜひ足を運んでみてください。樹齢130年の大藤が見ものなのが、あしかがフラワーパークです。美しい花が咲く景色を堪能しようと、多くの観光客が訪れます。さらに夜になるとライトアップされるため、幻想的な姿を見ることも。1年中楽しめるスポットではありますが、藤が見ごろを迎える4月下旬から5月上旬頃を目掛けて訪れるのがおすすめです。

では続いて日光の人気観光スポットを紹介していきましょう。紅葉の時期には特に混雑する日光には、歴史スポットや自然スポットが充実しています。1日では到底回り切れないほどの観光スポットがあるため、ぜひ1泊、もしくは2泊してゆったりと観光してください。では、日光、そして鬼怒川エリアの観光スポットを10か所ご紹介します。
①日光東照宮
②華厳の滝
③いろは坂
④江戸ワンダーランド日光江戸村
⑤霧降高原
⑥東武ワールドスクエア
⑦龍王峡
⑧中禅寺湖
⑨鬼怒楯岩大吊橋
⑩鬼怒川温泉ロープウェイ

日光、鬼怒川エリアだけでも紹介できないほどの観光スポットがあります。日光の観光スポットで外せないのは、やはり日光東照宮でしょう。「見ざる、言わざる、聞かざる」で有名な三猿や、国宝に指定されている眠り猫など見どころ満載。さらに、徳川家康の墓も見逃せません。そして、鬼怒川温泉を訪れた際に足を運びたいのが、鬼怒楯岩大吊橋です。橋の上からは鬼怒川の清々しい景色を眺めることができます。紅葉の時期はさらに美しい景色を見せてくれるので、秋に訪れるのもいいかもしれません。

日光、鬼怒川に続いて、こちらもまた人気の観光エリアである那須周辺の観光スポットを紹介してきます。那須には、子供連れにおすすめのスポットや、愛犬と一緒に観光したいスポットが充実しています。ぜひファミリー旅行の際は、那須周辺へ訪れて、子供と一緒にはしゃいじゃいましょう!
①那須ハイランドパーク
②那須ワールドモンキーパーク
③那須オルゴール美術館
④那須テディベア・ミュージアム
⑤もみじ谷大吊橋
⑥千本松牧場
⑦殺生石
⑧つつじ吊橋
⑨竜化の滝
⑩那須ガーデンアウトレット

子供と一緒の那須旅行であれば、那須ハイランドパークは外せません。小さな子供向けのアトラクションから絶叫系まで充実しているので、1日満喫できること間違いなし!夏季には、プールの営業もあるため、水着を持って出かけましょう。また、無料で入園できるスポットが千本松牧場です。動物と触れ合ったり、乗馬体験ができますよ。さらに期間は限られますが、リーズナブルな価格で熱気球に乗ることもできます。気になる方は、熱気球の営業時間に合わせて千本松牧場にアクセスしてくださいね。

とにかく観光スポットが充実している栃木県。たっぷりと観光スポットをご紹介してきました。ここからは、春に栃木県を訪れる方におすすめの桜の名所をご紹介していきます。ぜひチェックしておきましょう。
①八幡山公園
②城山公園
③千手山公園
④日光街道
⑤太平山

千手山公園には桜の他にツツジが咲き、見事な風景を見せてくれます。さらに観覧車などの小さなアトラクションが整備されているため、小さい子供連れでも楽しめるスポットです。観覧車から桜を眺めてみてはいかがでしょうか。また、日光街道では16kmもの距離に桜並木が続きます。全国屈指の規模を誇る桜並木道なので、ドライブがてらアクセスしてみましょう。桜のトンネルを楽しむことができますよ。

春の桜に続き、秋の紅葉の名所もご紹介していきます。先に紹介した観光スポットにも紅葉の名所が含まれています。特に日光の観光スポットであるいろは坂では見事な紅葉を見ることができます。ですが、秋は混雑するため渋滞が予想されます。覚悟してお出かけしましょう。それでは、まだ紹介できていない紅葉の名所をあげていきますので、チェックしてくださいね。
①織姫公園もみじ谷
②蓬莱山
③大芦渓谷
④大山参道
⑤落石

織姫公園内にあるもみじ谷では、約1,000本ものもみじが色づき美しい景色を見せてくれます。また、織姫公園に足を運んだなら、隣接している織姫神社にも立ち寄るのがおすすめ。そして、一大霊場として栄えた蓬莱山の紅葉も見ものなので、要チェック!

最後に栃木県の郷土料理をご紹介します。様々な農産物を生産していますが、かんぴょうの生産数が多いことで知られています。また、栃木県ならではの縁起物料理もいくつかあるので、ご紹介していきます。ぜひ観光の合間に郷土料理をご賞味ください。
①鮎うどん
②いとこ煮
③耳うどん
④鮒の甘露煮
⑤かんぴょうの卵とじ

いとこ煮とは、豆類といも類、またはかぼちゃとあずきを一緒に煮て、味噌や醤油で味付けしたもの。似ている材料を使用していることから、いとこ煮と呼ばれるようになりました。また、特産品であるかんぴょうを使った料理が、かんぴょうの卵とじ。来客があったときなどに振る舞われる汁物です。特産品を使った郷土料理なので、栃木県を訪れた際にはぜひ食べてみたいですね。

栃木県の観光スポットや郷土料理をご紹介してきました。栃木県は魅力的な観光スポットが充実しているため、エリアを変えて何度も旅行に出かけたい場所でもあります。ぜひそれぞれ合う季節を選んで、栃木県観光に繰り出しましょう。

筆者の考えやまとめとなります。諸説ありますのでご了承下さい。